[画像をブログで見る]

高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。

kimisui.jpkimisui.jp

 2017年の映画館での19作目。夏休み中+行ったシネコンのサービスデーということもあり、観客は80人くらいと賑わっていました。
 まあ、どうせお涙頂戴ものの青春映画で、『セカチュー(世界の中心で、愛をさけぶ)』みたいなもんだろ、とは思っていたのだが、なかなか評判が良いのと、『トランスフォーマー』って気分でもないのとで、これを選んだのです。