南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠ぺい問題を巡って、昨日10日、衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会の閉会中審査が、行われました。

稲田元大臣が、日報データ保管の報告を受け、非公表方針を了承したかが焦点でしたが、与党の反対で稲田氏は参考人招致されず、解明は進みませんでした。