(ジャーナリスト 溝上 憲文)

8月7日、タレントのマツコ・デラックスさんが「(メディア業界に多い野球部出身者は)十中八九、クソ野郎」とテレビ番組で発言し、話題を集めた。発言時にスタジオは笑いにつつまれたが、たしかに「体育会系の学生」をほしがる人事担当者は多い。特に人気のあるスポーツとポジションはなにか。人事ジャーナリストが、複数の人事部社員の匿名コメントを紹介する――。

■「不条理な世界」を知っている体育会の学生たち

欧米企業と違い、即戦力となるスキルや知識などの能力を評価するのではなく、ポテンシャルで採用を決定するのが日本独自の「新卒一括採用方式」の特徴だ。

しかし、10~15分程度の面接を数回行うだけで、学生のポテンシャルを見抜くのは難しい。よって学習能力や思考力を図る基準として「最終学歴」を重視する企業が多い。さらにその延長で、「体育会系」を高く評価する企業もある。


写真はイメージです

新卒に求めるポテンシャルについて、私はこれまで100社以上の人事部に聞いたことがある。企業によって表現は異なるが、その内容をまとめると以下の6つに整理できる。

(1)協調性
(2)チームワーク力
(3)論理的思考
(4)コミュニケーション力
(5)チャレンジ精神
(6)リーダーシップ

ただし、これらも具体的な定義は明確ではない。たとえば最終学歴は、(3)論理的思考(いわゆる地頭力)の要素に入りそうだが、それだけでもないだろう。

これは企業側の悩みでもある。6つの要素をどうやって見抜けばいいのか。体育会系出身者は、組織の一員としての協調性や組織への適応力、それから勝つことに対するこだわりや粘り強さがある、という指摘がある。上記の要件では(1)協調性、(2)チームワーク力、(5)チャレンジ精神に当てはまるのだろう。こうした「定説」があるため、体育会系出身が「魅力」になるようだ。

▼「上の指示は絶対」ができる人材は貴重

金融業の人事課長はこう指摘する。

「彼らは“不条理な世界”を経験しています。体育会に入ると、上級生の命令は絶対です。たとえ間違っていても耐えながら従うしかありません。その世界を生き抜いてきた学生は不条理だらけの会社人としての耐性を備えているからです」

協調性だけでなく、上下関係や組織の規律に忠実な人材像として、体育会系の学生を評価している。そうした体質は思考停止に等しいと指摘する向きもあるが、採用の現場では依然として「戦力になる」と判断される場合があるようだ。

■採用数の3分の1がラグビー部を筆頭にした体育会系出身者

では、人事部は学生時代のスポーツの種類へのこだわりはあるのだろうか。

雑誌『プレジデント』(2017年5.1号)では、企業の採用責任者の「好印象の競技・部活」を調査している(大手企業15社*)。そのランキングによれば、トップはラグビー部。次いで、野球部、アメフト部、サッカー部、バスケットボール部と続いている。


PRESIDENT 2017年5月1日号より

*あいおいニッセイ同和損害保険、伊藤忠商事、オリックス、鹿島建設、キッコーマン、キリン、サッポロビール、サントリーHD、 JFE HD、損害保険ジャパン日本興亜、竹中工務店、帝人、日本板硝子、日本航空、三菱電機(50音順)

共通するのはチームワーク力を問われる団体競技であることだ。ラグビー部の魅力について大手サービス業の人事課長はこう語る。

「『ラグビーをやっていました』と言うだけで買いですね。元気と馬力があるのは当然ですが、チーム全体のことを考えて行動する訓練ができている。ポジションごとに一人ひとりの役割が明確ですし、自分がチームに貢献するために技能を磨く資質も備わっていると思います。先輩・後輩の上下関係に忠実で、部下に使えば最低限でも言われたことをやる。特に営業は人に好かれてナンボの世界です。理屈もいいですが、親近感が感じられる人間的魅力を持った学生はいいですね」

同社は採用数の3分の1が体育会系出身者。ラグビー部出身も多いそうだ。