今から約50年前の1969年、ニール・アームストロング船長は月面着陸競争でのアメリカの勝利を発表し、「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」と述べた。ソ連は限られた予算と宇宙船設計者同士の意見の不一致により、競争に負けた。