また貴重な人材が行政、病院の無作為によって犠牲となりました。(残業173時間、30代医師の自殺を労災認定 「労働環境を整えないと不幸繰り返される」両親の悲痛な思い)御両親の気持ちはいかばかりか。そして産婦人科という仕事がいかに個人の犠牲という努力で成り立っているのかがわかる事案です。

製薬企業の自殺案件
を含め医師だけの問題ではありませんがしっかり発信を続けたいと思います。