新潟県の高校で7月、野球部のマネ―ジャーをしていた16歳の女性が倒れ、8月5日に「低酸素脳症」で亡くなったと報道されました。

練習後走り倒れた女子マネジャー死亡 新潟の高校野球部 朝日新聞デジタル 8月6日

 低酸素脳症は、簡単に言えば「脳に酸素を十分に届けられなくなったことで、脳に障害が起きた」状態です。

 今回報道された高校生は、なんらかの原因で脳に酸素が足りない状態になりました。