がん拠点病院の治療成績の報告がなされた事で、75歳以上の治療をしない患者の割合が多いことが報告されました。

>例えば27年に早期の状態であるステージIの大腸がんと診断された40~64歳の患者では、9割以上で手術や内視鏡、抗がん剤を組み合わせた治療が行われ、治療が行われなかったのは1・6%だった。しかし、75歳以上では3倍近い4・6%、85歳以上では18・1%で手術や抗がん剤治療が行われず、その割合も年々、増加傾向だった。
それでも4/5以上がなんらかの治療を行われています。それは標準治療なのか、それとも減量治療なのかこの記事ではわかりません。そして正しい緩和治療がなされているかも不明です。