日本が戦時中、石油の輸入を止められ、最後の決戦に臨む決意を固めたのは「退路を断たれた」こともあったでしょう。争いの戦法は二通りあり、完全に殲滅させてしまう方法と逃げ道を一本残しておき、不要な犠牲者は出さずに相手を征服するという方法であります。