■部活動改革の震源地 ツイッター

 部活動改革が、日に日に勢いを増している。

 私がマスコミ関係者から聞くところでは、ブラック部活動の問題を扱うと、普段とは比にならないほどに多くのコメントが視聴者から寄せられるという。ブラック部活動はもはや、国民的関心事になりつつある。

 今日の部活動改革の震源地は、まちがいなくツイッターである。この記事では、部活動改革においてツイッターが果たしてきた役割を考えてみたい。

■7月~8月の驚異的なリツイート数

画像


 昨日、高校教諭であるTNT氏(@TNTO8698)が「(略) 部活で笑って、家で妻と泣いていた。新婚の6年間部活部活で徹夜して仕事するしかなくて辛かった」とツイートしたところ一気に拡散して、リツイート数は7,000件(8月6日午前6時時点)に達している。

 また、教師を目指すソラ氏(@SoraEduJapanese)が、友人の教員採用試験の面接練習に言及したツイート(7月28日付)は、37,000件のリツイートを得ている。面接官役であった元校長からその友人が受けた言葉は強烈だ――「自分自身も若い頃はそんなこと(=勤務時間外の部活動指導など)当たり前のようにやってきたんだ。悪いけど、君が変えようと思ったところで、世の中は変わらないよ」。

 さらに現職の教員で構成される「部活改革ネットワーク」(詳細は拙稿「部活問題 教員の全国ネット始動」)に所属する斉藤ひでみ氏(@kimamanigo0815)が、「教員の『夏の陣』!」と声をかけたツイート(7月9日付)は、驚異の53,000件リツイートに達している。

■「ひたすらツイート、リツイート」

 部活動改革を牽引してきた「部活問題対策プロジェクト」(2015年12月設立)のメンバーであり中学校教諭のゆうけん氏(@yutakenta64ブログはこちら)は、ツイッターの影響力をこのように振り返る。

 簡単には学校は変えられない。学校の中はすごく保守的だからだ。だが、一度クレームがあれば変わらざるを得ないのも学校である。ならば、外から圧力をかけて変えてやればいい。そこで私は「部活にまつわる世論から変えていこう」と考えた。

 まずは部活の問題を訴えるブログを始めた。しかしアクセスは思うように伸びない。これでは世論を変えるどころではない。ならばと、ブログの宣伝目的でTwitterを始めた。学校や教育に関連するアカウントをフォローしまくり、部活の問題に関してひたすらツイート、リツイートしまくった。当時は部活問題に関するアカウントはほとんどなかったが、徐々にフォロワーは増え、ブログのアクセスも伸びていった。同時に部活問題に注目するアカウントも徐々に増え、ブログの宣伝目的で始めたTwitterも、徐々にそちらの活動がメインになっていった。

 (略) もっともっと多くの人に声が届けば、もっともっと多くの理解者が増えるはずである。そして、いつか世論さえも動かせるはずだと信じるようになった。そう信じて部活問題の拡散活動を続けていった結果、現在の通りである。
出典:内田良『ブラック部活動:子どもと先生の苦しみに向き合う』(東洋館出版社、2017年7月刊)、p. 71より引用

 ゆうけん氏がいう「ひたすらツイート、リツイート」という表現は、印象深い。日々におけるほんの小さな「つぶやき」の積み重ねが、今日の世論形成につながっているというのだ。