7月27日、緊急役員会が開かれるというので出席してみると、冒頭、蓮舫さんが代表を辞任することを表明、私にとっては「寝耳に水」のことでした。というのも、その二日前、都議選総括の両院議員総会の場で、野田幹事長がその責任をとって辞任する代わりに、蓮舫代表は自身の続投と執行部刷新のための人事着手を表明していたからです。