子どもたちにとって待ちに待った夏休みが始まりました。家でダラダラ過ごすくらいなら、わが子を塾の夏期講習に……とお考えの保護者のみなさま。ちょっと待ってください!学校や塾に外注しなくても、子どもの学力と可能性を広げる教育は、家庭でこそベストに行えるのです。独自の家庭教育で娘をハーバード合格に導いた廣津留真理さんの著書『世界のトップ1%に育てる親の習慣ベスト45』から、親の行動を少し変えるだけで、子どものやる気と才能をみるみる引き出す超実践的なメソッドを紹介。お子さんと一緒に過ごす時間が増える夏休みにこそ、ぜひお読みください。

*  *  *

学業でもスポーツでも芸術でも、何か特別なスキルを極めるには最低1万時間の学習が必要であるという「1万時間の法則」があります。

1万時間の法則は、イギリス生まれの作家マルコム・グラッドウェルさんが書いたベストセラーで広く世界に知れ渡りました。その基になっているのは心理学の研究であり、チェスプレーヤーや作曲家といった多くの分野の成功者のほとんどは、その分野に精通するまでグリット(やり抜く力)を発揮し、1万時間同じことを繰り返していたというのです。

そこでグラッドウェルさんは「練習しないで天才的な才能を見せつける人」もいなければ、「いつまで練習しても上達しない人」もいないと結論付けています。

グローバル時代に自らの個性を活かして活躍するには、人と違った自らのオリジナリティである「得意」を作る必要があります。そして才能があってもなくても、地道に努力し続けなければ自分の得意は生まれないのです。

1万時間というと途方もない長さに思えますが、1日3時間なら10年間。娘は2歳からバイオリンを始めて1日2~3時間練習し、確かに12歳くらいでコンクールでアワードが獲れる腕前になりました。

10年という時間の長さを考えると、得意を伸ばすアクションは早くから始めるべき。そして1日3時間を作り出すために、無駄をなくして家庭教育を徹底的に効率化してください。

忙しいビジネスパーソンほど時間をうまく作り出してジムに通ったりしていますが、1日3時間を作り出そうという目標ができると、漫然と過ごしているときよりも時間の使い方が上手になり、案外時間は作れるもの。5教科のペーパーテストで無意味な復習をしたり、模試を受けたりしなければ、その時間は作れます。平日にあまり時間が取れないときは、その分週末を活用すればまとまった時間が取れます。

1万時間で何かを習得して終わりではありません。そこはスタートラインにすぎませんから、心地よい場所に安住することなく努力を続けてください。それがアワードというご褒美に結びついたら、子どもに自信がついてもっと努力したくなりますし、単なる得意を超えて社会に貢献、還元できる活動につながるでしょう。