「安倍晋三首相が3日に実施する内閣改造と自民党役員人事の顔ぶれが固まった。麻生太郎副総理・財務相や菅義偉官房長官ら政権の骨格を維持しつつ、人心の一新で反転攻勢を狙ったが、ふたを開けてみると閣僚経験者や各分野に詳しい人材を起用する手堅さを重視した布陣となった。経験不足を露呈し、野党に追及材料を与えない『守り』を固めた一方、目玉づくりには苦慮したようだ」(3日付日本経済新聞「新内閣、目玉づくり苦慮」)
大臣としての資質を疑われた人を外し「人心一新」を目指して行われた内閣改造の顔ぶれは、予想通り地味で華のない陣容となった。今回の内閣改造に関して政治評論家の中には「仕事師内閣」「実務型内閣」と好意的な表現をされる方もいるようだが、素人目には「原点回帰」ならぬ「減点回避の厄払い内閣」。