[国連 3日 ロイター] - 北朝鮮への制裁強化を目指す米国は近く、国連安全保障理事会の理事国15カ国全てと新たな決議案採択に向けて協議を開始する可能性がある。複数の外交官が明らかにした。

北朝鮮による7月4日の大陸間弾道ミサイル(ICMB)発射実験を受け、米国はこれまで中国と新たな決議案について協議してきた。