冒頭発言

党新執行部

【高村正彦副総裁】

みなさんこんにちは。引き続いて副総裁を拝命いたしました。長くなりましたが、新しい気持ちでやりたいと思っております。党四役いずれも経験・見識とも申し分ない方ばかりでありますので、足を引っ張らないようにやっていきたいと思っております。
先ほど役員会で総裁に、総裁の5月3日の憲法発言は憲法論議を党内外で活性化させるのに大変よかったけれども、これからは党にお任せいただいて、これからは内閣としては経済第一でやっていただきたいとお願いしてきたところであります。よろしくお願いいたします。

【二階俊博幹事長】

引き続き幹事長を仰せつかりました二階俊博でございます。皆さんのご指導・ご意見等をいただきながらしっかり党をまとめる努力をしてまいりたいと思います。我々の仕事は毎日毎日の仕事であると同時に、自民党の長期政権への一つの過程でありますから、それぞれ重い責任があるわけでありますが、皆さんにいろんなご意見も頂戴しながら、党の運営をしっかり行いたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

【竹下亘総務会長】

総務会長に就任させていただきました竹下亘でございます。どうぞよろしくお願いいたします。自民党の総務会は、皆さん方ご承知のとおり、様々な歴史と伝統を持っております。活発に議論しながら、そして必ず一定の結論を出すという知恵も総務会が育んできたものであると認識しております。総裁、副総裁、幹事長、党役員の皆さん方のご指導をいただきながら、そして総務の皆さん方に、活発な議論のなかで一つ一つ問題を乗り越えていくという総務会にしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

【岸田文雄政調会長】

このたび政務調査会長を拝命いたしました岸田文雄でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。国の内外に政策課題が山積するなかにあって、大きな責任を感じ、緊張感を持って職責を全うしたいと存じます。
様々な政策課題があります。今の内閣においても引き続き「経済再生第一」という看板を掲げているわけでありますが、アベノミクスにつきましても今日まで賃金や雇用において大きな成果が挙がっていきました。しかし引き続きまして、成長と分配の好循環を完成するために努力をしていかなければなりません。北朝鮮につきましても、緊張感が高まっています。

党の方からすでに北朝鮮問題につきまして2つ提言を出していると承知していますが、政府にこうした提言の実現・実行に向けてしっかり働きかけを続けていかなければならないと思っていますし、また最近は豪雨災害が続いております。復興復旧、生活環境の回復に向けてしっかり努力を続けていかなければなりません。加えて、8月末を目標に概算要求の重点項目をまとめなければなりませんし、秋に臨時国会が開催したならば、重要法案の審議も予想されます。加えて、このたび総理は「人づくり改革」という大きな看板も掲げられました。こういった議論も深めていかなければなりません。党において、そして政調において果たさなければならない役割、大変重たく、そして多くのものがあると認識しております。総裁の方からも先ほど「一つ一つ努力を積み上げることが重要である」という指示がございました。是非こうした政策面におきまして一つ一つ成果を挙げながら、党の信頼回復に向けて努力をしていきたいと存じます。ご指導を重ねてお願い申し上げてご挨拶といたします。どうぞよろしくお願いいたします。