朝鮮総連に910億円支払い命じる 不良債権回収訴訟

この事件は、民訴教材のネタがてんこ盛りである。

経営破綻した朝銀信用組合の不良債権を引き継いだ整理回収機構は、朝鮮総連におよそ627億円の融資を返すよう求める裁判を起こし、平成19年に全額の返済を命じる判決が確定しています。

まずもって、朝銀信用組合という金融機関の破綻と整理回収機構の債権引き取りは、金融機関の倒産手続の生ける教材でもある。

また、そもそも債務者たる朝鮮総連は法人格がない団体であり、ご存知当事者能力の生ける教材でもある。