金正恩氏

中国当局が先月末までに脱北者70人以上を逮捕・勾留し、そのほとんどを北朝鮮に強制送還したことが、デイリーNKの取材の結果、明らかになった。

その内訳は成人が約50数人、乳幼児を含む未成年者が約20人で、雲南省昆明、遼寧省瀋陽、吉林省長白、延吉などで逮捕された。脱北者収容施設に1ヶ月ほど勾留された後で、いくつかのグループに分けて北朝鮮に強制送還された。

本国では、拷問や収容所送りなどの重罰が待っているものと思われる。北朝鮮の政治犯収容所においては、たとえ乳幼児といえども情けをかけられることがない。

(参考記事:赤ん坊は犬のエサに投げ込まれた…北朝鮮「人権侵害」の実態

デイリーNK取材班が、多数の脱北者が勾留されているという情報を掴んだのは6月末ごろのことだ。しかし、韓国にいる脱北者の家族からの要請で報道を控えていた。報道されたところで、一度勾留されたら釈放されることはないだろうというのが家族らの判断で、強制送還後の処罰が重くなることを心配する人もいた。

匿名を条件にコメントした人権団体の関係者は「勾留された脱北者の家族は、韓国政府が措置を取らないことに対する不信感と、メディア報道が中国を刺激しかねないことを懸念し、救命運動に乗り出すことすらも戸惑っていた」「強制送還後に救命運動をした方がいいという意見も出た」ともどかしさを隠さない。