7月27日午後3時。民進党の蓮舫代表が辞任を表明した。「遅きに失した」「何を今さら」と評判は、かんばしくなく、民進党は前身の民主党時代から数えて何度目かの「結党以来の危機」を迎えている。しかし「ポスト蓮舫」を選ぶ道は、安倍自民党に対して有効な一打となる可能性もある。