28日(金)夜、北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)と思われるミサイルを発射、日本の排他的経済水域に着弾をしました。

翌29日(土)午前に北朝の国営メディアは「アメリカ本土全域を射程に収めた」と主張しました。
また日米の軍事専門家も「ICBM」「ロサンゼルスやシカゴまで届く」という見方になっていますから、北朝鮮が技術開発を成功させ実用化に入りつつあるということでほぼ間違いないでしょう。

これにアメリカのトランプ大統領は北朝鮮というより中国に対して批判を強めています。

「中国にとても失望した」
「口先だけで北朝鮮に何もしていない」
「この事態が続くことは許さない」

しかし北朝鮮に対してもそして中国にこの「言葉のやりとり」というのはもうすでに限界を迎えているのではないでしょうか。

戦争を望んでいるわけではもちろんありませんが、アメリカがまともな方針を決定できるのかということに不安を覚えます。

北朝鮮がミサイルを発射した28日、アメリカで政策を調整するまさに政権の要の大統領首席補佐官・プリーバス氏が解任されてケリー国土安全保障長官が後任に指名されました。

さらに1週間前にスパイサー報道官も辞任していて、トランプ政権はいまだ決まってない人事も含めて決まった人も短期間で替わっていく、辞めていくという”がたがた状態”です。

一方、30日にはペンス副大統領が
「全ての=軍事的なオプションがテーブルにある」
と言っています。

またアメリカ軍幹部からも
「もう我々は用意ができている」
といった発言が相次いで、はやる気持ちのようにも見受けられます。