2020年に迫った東京五輪が様々な波紋を呼んでいる。

誘致計画当時に副都知事であった猪瀬直樹氏はTwitterで「世界一カネのかからない五輪」(*1)であると主張していたが、実際には新国立を始めとする多くの競技場や関連施設で大きなカネが動いていることは、もはや隠し通せなくなった。