民進党の蓮舫代表が、27日の臨時役員会で、代表を辞任する意向を表明し、党運営に行き詰まって、辞任しました。この時期の民進党は、誰が率いても難しい党運営を迫られたと思いますが、都議選惨敗、国籍問題(戸籍情報開示は、前例になりかねず、すべきではなかったと思います)、野田幹事長辞任、後任の幹事長人事の行きづまりなどが原因と言われています。