民進党の蓮舫代表が辞任しました。今の民進党の中にあっては、現実問題として蓮舫氏にとって行き詰まりがあり、辞任は致し方ないことと思います。

 もともと野田佳彦氏の後ろ盾で代表に就任した側面もありましたが、その野田氏を幹事長にした時点で、誰もがため息をついたものです。民進党(当時、民主党)政権を崩壊させたA級戦犯でしたから、誰もがその感覚を疑いました。それだけ蓮舫氏の党内基盤が弱いんだなということと、選挙としての顔を期待されたが故の人選だったわけで、最初から代表としての「権限」はありませんでした。

 原発についても賛成、反対がまとまらない状況ですが、蓮舫氏が脱原発に舵を切ろうとしても抵抗する議員たちがいてはそもそも民進党として自民党への対抗軸を示せるはずがありません。

 考えてみれば選挙の「顔」を代表にするだけで選挙を乗り切れるはずがないのですが、民進党はそこまで混迷しています。

 選挙でも既に共産党の協力なしには自前の集票だけでは当選が困難になる中で、少なくとも選挙協力は不可欠であるにも関わらず、難癖をつける党内勢力がありますが、蓮舫代表に対して、どうしろということだったのでしょうか。

 蓮舫下ろしは、こういった党内の無責任勢力(親自民勢力)によって行われてきたものです。

 これまでも自分がこのままで当選できないと思った風見鶏たちが離党していっていますが、そこでの決まり文句は「共産党が~」です。長島氏は、都民ファーストの支援が欲しいが故の離党です。

長島昭久議員は議員辞職すべき 共産党との選挙協力が嫌だという身勝手な理由 当選しそうな政党に移りたいだけ

 都議選前には蓮舫氏も都民ファーストの急進に便乗しようとエールを送っていたようですが、そうすれば都議選を乗り切れるという打算があったのでしょう。しかし、小池氏には相手にされませんでした。民進党と協力を行ったことによって得するのは民進党であって小池氏ではないからです。

 そこにも蓮舫氏の必死感があったのですが、所詮は、小池都民ファーストは手を組む相手ではありません。大阪でも同様ですが、維新の会にそれまでの民進票が大量に流れましたが、都市部の反(非)自民票は、とにかく現状が変わってくれという浮動票です。小池氏率いる都民ファーストが勝ったのは、変えてくれるかもしれないという幻想が振りまかれたからにすぎません。そのような小池都民ファーストに便乗しようとしてどうするのですか。

 逆にいえば、それまでの都市部での民進党への支持は、現状を変えてくれるのではないかという期待です。その期待を見事に裏切ったのが、菅直人氏であり、野田佳彦氏です。本来であれば、確固たる自民党政治への対抗軸を示すべきなのに、未だに民進党内の親自民勢力が足を引っ張っているようでは民進党の将来はありません。

 民進党に対して解党して出直せという批判が止まないのは。こうした混迷に終止符を打てない民進党に苛立ちがあるからです。