「国籍」の枠組みは、主権者たる国民の範囲を決める民主主義の最重要事項である。
日本人にとってはその権利能力形成を行い、担保するのが「戸籍」である。

にもかかわらず、「国籍法」「戸籍法」には不備や不足、もっと言えば「確信的バグ」があちこちに埋め込まれており、過去から現在まで全ての日本人の権利擁護機能を十分に果たしているとはいいがたい。