共同通信社
昭和のヒットメーカーとして知られた作曲家の平尾昌晃さんが肺炎のため79歳で亡くなった。7月21日のことだった。

身内やスタッフに看取られての最期だったという。「お別れ会」は今秋を予定しているそうだが、一方で元チーフマネジャーと結婚していたことが発覚するなど、ここにきて巨額な遺産を巡っての親族バトルが勃発の様相になっている。

しかし、今回は在りし日の作曲家としての平尾さんについての〝秘話〟を記したい。

平尾さんは1958年に歌手デビューした。故山下敬二郎さん、そしてミッキー・カーチス(78)と音楽イベント「第1回日劇ウェスタンカーニバル」に出演し〝ロカビリー三人男〟として一大ブームを巻き起こした。

〝和製プレスリー〟とも呼ばれたことは既に、あらゆるメディアで報じられている。その平尾さんは、68年に肺結核を患い片肺を切除して以来、肺疾患が慢性化したという。その結果、歌手としての活動を断念、作曲家に転身した。

作曲家としての才能は布施明の「霧の摩周湖」や梓みちよ「渚のセニョリーナ」(共に『日本レコード大賞』で作曲賞を受賞)で認められていたが、〝作曲家転身〟の弾みになったのは小柳ルミ子(65)に提供した「私の城下町」「瀬戸の花嫁」、そして五木ひろし「よこはま・たそがれ」「夜空」だった。ポップスから演歌まで幅広い作品を手がけ、昭和のヒット・メーカーとして一時代を築き上げた。

そういったこともあって平尾さんの訃報では、多くの歌手が在りし日の面影を偲んでいた。

中でも、多く扱われていただろう歌手が五木ひろしかもしれない。

五木は「平尾昌晃先生と(作詞家の)山口洋子先生のお二人が、五木ひろしを世に出してくださった」と前置きした上で「僕が今日あるのも『よこはま・たそがれ』を始め、いい作品をたくさん作っていただいたおかげで本当に大恩人です。恩返しだと思って、これからも歌い続けていきたい。感謝の気持ちでいっぱいです」。

確かに、平尾さんとって五木や小柳らは別格な存在だったのかもしれない。

京本政樹が語る平尾昌晃さんの秘話

ここでは意外に語られていない平尾さんについての秘話を語りたい。

それは、平尾さんが曲を手がけたテレビドラマ「必殺シリーズ」である。

平尾さんは、同シリーズでは1作目からのテーマ曲となっている山下雄三「荒野の果てに」を始め、三井由美子の歌った「やがて愛の日が…」、そして西崎みどり「「旅愁」などを手がけた。どの作品も、おそらく聴き覚えのあるものだろう。だが、実は、その平尾さんの音楽が「必殺シリーズ」で大きく変わった時期があった。

85年にスタートした「必殺仕事人Ⅴ-激闘編-」。シリーズ5作目で京本政樹(組紐屋の滝)と村上弘明(花屋の政)が登場したものだ。

同シリーズに詳しい関係者が振り返る。

「放送上は公表されていないので意外に知られてはいませんでしたが、シリーズ5作目ではドラマにも出演していた京本政樹さんが音楽でも参加するようになったんです」。

確かに、調べてみると「必殺仕事人Ⅴ-激闘編-」では主題歌だった鮎川いずみ「女は海」は京本のプロデュース(作詞、曲、編曲)となっている。

一体、どういったことだったのか? 京本政樹(58)に連絡をとり改めて聞いてみた。