村田蓮舫さんが民進党の代表を辞任することにしたことで、民進党に仄かな灯りがついたことは間違いない。

ズルズルと解党に追い込まれていくことを辛うじて回避したのだから、よくぞ決断したと言っておく。当事者になると、どうしていいか見えなくなってしまうものだが、民進党にはまだ物が見える人がいたということだろう。