民進党の蓮舫代表は25日、加計学園問題についての参院予算委員会での質疑後に国会内で記者団の取材に応じた。

 集中審議での質疑を通して国民の疑念は晴れたのかと問われると、「残念ながら疑念は深まった。私たちや国民が求めているのは丁寧な口調ではなく、確たる記憶や動かない証拠だ。