tora


先日から一部で話題となっているVALU(バル)というサービスがある。フィンテック=ファイナンス(金融)とテクノロジーを掛け合わせた造語が経済紙では日常的に使われるようになったが、その一種と見て良いだろう。

サービスの特徴を一言で表すと「個人が上場できる」という、極めて特異なものだ。すでにサービスを利用している人も、VALUの意味や仕組みを理解せずに使っている人も多いと思われる。せっかくなのでこのサービスの仕組みや特徴、意義を考えてみたい。

■VALUで上場して資金調達ができる……?

上場という言葉が出てくるくらいなので、VALUは株の売買を模した仕組みだ。VALUに「上場」を申請した人は、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのフォロワー数で上場時の価格が決まる。

現在VALUで話題となっている人の多くがインフルエンサー(SNSで影響力のある人を指す)であり、多数のフォロワーを抱える人は時価総額が大きく、知名度が高いこともあって目に留まりやすく売買の対象となりやすい。

VALUのはじめ方はすでに多数のページで紹介されているため省略するが、フェイスブックアカウントを利用してVALUのアカウントを作成し、資金調達をしたい人はプロフィールを作成して上場を申請する。他人のVALUを買いたい人は仮想通貨のビットコインを介してVALUを買う。

ビットコインを間に挟むことから、さながら円をドルに両替して外国の株を買うような状況だ。価格はリアルタイムで変化し、売買時間も東証や大証のようにしっかり決まっており、平日の朝9時から夜9時までとなっている(8月以降は取引時間以外も売買・入出金以外の操作が出来るようになる予定とのこと)。

上場して自らのVALUを発行した人は売却することで資金調達が可能となる。VALUを売買する人は価格変動で利益を得ることも可能だ。

■VALU上場の意味。

VALUで上場するとはどういうことを意味するのか。株式市場で上場ならば、多少でも投資や経済の知識がある人ならばその意味は分かるだろう。会社が株式市場に上場して売買できるようになることは、会社の権利=株を自由に売買できることを意味する。

自分も小規模な会社を興して社長を名乗っているが、株は100%自身で保有しているため、いわゆるオーナー社長という状態だ。一方日本で一番大きい会社であるトヨタ自動車には多数の株主が居る。記事を書いている時点でトヨタの株価は6000円程度、100株単位で売買が可能だ。

つまり60万円もあれば誰でもトヨタの株主になることが出来る。では60万円を払ってトヨタの一体何を手に入れているのか。

手短に説明すると、株を買うことは利益・資産・経営(議決権)に関する権利を保有することに他ならない。逆の立場から見ると、会社の権利を部分的に渡す代わりに資金を得る、ということになる。

100株程度ではトヨタの経営に影響を与えることはまったくできないが、一定数を保有すれば各種の権利が認められる。通常51%以上の株を保有すると役員の選任を出来るため、経営権を握る事ができる。

VALUの購入画面はネット証券等で株の売買を経験したことがある人なら見慣れたものだろう。売り注文と買い注文が左右に並んでおり、そこだけを見れば株の売買そのものだ。

※かなりシンプルに説明しているため、興味のある人は株に関する書籍やHPを参照されたい。VALUをやっている人であれば投資の知識はそのままVALUに役立つ。

■VALUは株ではない?

では「VALUで個人が上場」とはどういう意味なのか。VALUの世界では、株式市場でいう株のことを「VALU」と呼ぶが、VALUを大量に保有したところでその人の人生を思い通りに操ることは一切出来ない。VALUで資金調達が出来ることは間違いないが、調達した資金で事業を行って成功しても、利益を配当することは規約で禁じられている。

優待という形で様々なおまけをVALUのホルダー(VALUER・バルアーと呼ぶ)に提供することは出来るが、上記のとおり配当は禁止されており、調達した資金での成功は直接的にホルダーの利益にはならない。

株のようで株ではない、あるいは株の仕組みを模した株ではないもの。これがVALUの特徴だ。株ならば株価の裏付けとして、その会社が稼ぐ利益がある。株価が大きく上下することは珍しくないが、その会社の実力以上に株価が下がれば買い時であり、実力以上に上がれば売り時と言える。価値と価格(実力と株価)の関係はシンプルに言えばこのように説明できる。これが極端に乖離した状況がバブルであり、バブル崩壊である。

■VALUはトレーディングカード?

VALUを例えるものとして、トレーディングカードが度々使われる。ビックリマンシールでもフィギュアでもコレクション性があれば何でもいいが、興味のない人にとってはガラクタだが、収集家にとっては極めて価値が高く、値付けもされる。

株についた価格=株価にはその裏付けとなる利益はあるが、VALUにはそれが無い。優待を見ると、相談に乗ります、似顔絵を描きます、といったものが見られる。中にはお金を払うに値するものも散見されるが、これらはあくまでおまけだ。

価値の裏付けは何も無いけど価格がついているもの……やはりこれはトレーディングカードに近いといって差し支えは無いだろう。

さらに考えると、VAULはモノではなく個人に紐付いている。したがって、自分がファンであるあの人のVALUを買おう、という人も少なくない。つまりタレントやミュージシャンのファンクラブ的な要素もある。現在VALUで人気のある人の多くは有名人であることからも、この要素なしにVALUの説明は出来ない。

ファンクラブは会費を払って会報を読んだり、優先的にチケットを買えたりイベントに参加したりといったことが可能で、これも現在VALUの優待で行われている事に近い。違いはファンクラブの権利が譲渡可能という点だ。譲渡可能な権利という点を見るとゴルフクラブの会員権的な要素もある。

トレーディングカード、ファンクラブ、ゴルフクラブの会員権……さまざまなものに例えることも出来るが、VALUの本質的な価値は一体何か? それは個人が資金調達をして目標をかなえることだ。