男性向けポルノや少年誌のエロ表現関連の話題について、twitterでずっと呟いていましたが、今の時点での自分の考察(仮説)をざっとまとめました。昨日、連ツイしたものに大幅加筆しています。

女性への暴力的な性行為が快楽的に描かれるヘテロ男性向けポルノは、現代のポルノの中でも古典的にしてポピュラーなジャンルだと思われるが、そこにある性的支配のイメージは男女差別構造*1の反映、または還元だという言い方は、半分正しくて半分間違いだ。反映論だと現実に起こっている性意識の変化や流動性を無視することになり、還元論でも男女関係の一義的固定から先に進まない。

更に、エロマンガの昨今の潮流は、「女がすでにエロく、積極的に求められる」のを通り越し「女からの再三の催促に困った顔して渋々応じる」になっているという。*2  陵辱ものや強姦ものがある一方で、「男キャラの受け身化」がかなり前から進行し、最近はそれに拍車がかかっているらしい(BLの影響もあるのかもしれない)。

男性向けポルノにおける、暴力的男性キャラと受け身的男性キャラ。エロメディア批評ではとっくに論じられていることかもしれないが、この二極を前提として仮説的に考えてみた。

現在、女性の権利獲得や男女平等意識の浸透に伴って、セクハラをはじめとした性暴力(かつては暴力とされていなかったものもそこに含まれるようになった)への視線は厳しくなり、男性の従来的な位相は揺さぶられ続けている。男性にとっては、この事態にスムーズに対応し常に言動を自己検閲せねばならない抑圧感に加え、公私共に未だに能動性や積極性を期待され要求される場面が多いという矛盾感がある。

つまり、これまで様々な形で存在した性的支配が社会的に否定され排除されてきたからこそ、抑圧されたそれが、男性向けポルノの中でより過激かつファンタジックに再演されているのではないか。男性向けポルノにおけるある種の過剰さや多様さは、主にこの数十年の間に徐々に社会的な男女差別構造が崩れてきたことへの、防衛的な反応ではないか(ここで言う反応は直接的なものというより、さまざまな回路を経た影響として見出されるもの)。

それを受け手のレベルで見ると、まず現実では女性への配慮に心を砕き、強姦や陵辱もの(暴力的男性キャラ)で "現実では禁じられたこと" を楽しむというかたちになる。そこにあるのは端的に言えば去勢不安だ。この際、男性視聴者が犯される女性に感情移入することも普通にあるようだが、能動性を期待される男ジェンダーの軛から逃れたいという心理が影響しているのではないかと思う。*3

そしてもう一方の極では、現実ではやはり配慮しつつ、「女からの再三の催促に困った顔して渋々応じる」作品(受け身男性キャラ)で "現実ではありえないこと" を楽しむ。ここには現実世界の女性との関係構築の悩み、「女が何を欲しているのかよくわからない」「女への配慮的アプローチが難し過ぎる」という、男性視聴者の困惑が反映されているように思う。

今は後者の方が視聴者のリアルに訴えかけ、流行しているということは、これが、ジェンダー平等の進む社会で平等意識を内面化しつつも去勢の不安を抱える男性が描き得る最大のファンタジーだからではないか。

少年マンガ誌で描かれるラッキースケベも、「男キャラの受け身化」だと言える。

例えば下の記事は、この間twitterを中心に、口絵についての批判が出た週刊少年ジャンプに掲載の『ゆらぎ荘の幽奈さん』のストーリーが、かなりジェンダーに配慮したものであることを丁寧に解説している。ラッキースケベはその言葉に反して、主人公にとってラッキーな事態ではない。非合意なボディタッチをする悪役男子キャラは他にいると。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』に見られるジェンダー的配慮 - 辰巳JUNKエリア ニワカを極めるブログ

内容をよく知る者には、問題となった口絵も物語の一コマ、せいぜいアクセントに過ぎないのかもしれない。しかしあのビジュアルには、配慮されたストーリーを逸脱するかようなエロ・インパクトがあったのも確かだ。

つまり、ストーリーと単体ビジュアルは乖離している(少なくともしっくり噛み合っていない)のではないかということだ。これは批判ではない。

PCに配慮したリベラルな「ゆらぎ荘~」のストーリーは今、主に男性に求められている行動規範と重なるという意味で非常に「教育的」だ。一方、口絵は「教育的でない」という観点から、そこに置かれていることを批判された。

このマンガの二重性は、ジェンダー平等を進める社会と男性向けポルノの関係をそっくり反復しているように見える。

つまり少年向けマンガのストーリーがリベラルであればあるほど、そこから排除された(非リベラルと見なされがちな)エロはビジュアルに宿るということになる。

これはマンガ表現において昔からあるPC配慮とマーケティングの兼ね合いであるという、実際面からの指摘*4は確かに説得的で頷けるものがあるが、ここでは欲望から読み解きたいと思う。

ストーリーを意識、ビジュアルを無意識に喩えてみよう。意識から抑圧、排除されたものは無意識に留まり、変形したかたちで現れる。ラッキースケベのシーンはその変形そのものだ。

更に言えば、少年誌においてエロという抑圧されがちなものをビジュアル化したい欲望が最初にあり、ジェンダー配慮的なストーリーはその欲望を隠蔽し、エロを無害化するための方便(だから教育的なものになる)として組み立てられているという見方もできる。これは芸術作品ではよくあることなので、マンガでもないとは言えない。

そもそも、ジェンダー平等を進める社会と男性向けポルノを含めたエロ表現の歴史的位置関係は、後者が先、前者が後だ。それを「ゆらぎ荘~」(ポルノではないが)に重ねれば、エロを描きたいという欲望が先にあり、ストーリーにおけるジェンダー配慮は後付けということにならないか。「宮崎駿の動機・欲望はメカと美少女」のように。