日本の歴史で民意が大きく影響して国の行方が左右された一つが尊王攘夷運動でした。二百数十年間、戦争がない平和な時代が生み出したプラスの成果と引き換えに徳川幕府は平和に胡坐をかき、側室を山のように抱え、身の備えがない状態でした。