東芝の綱川社長 ©共同通信社

「審議に入る前にお詫びを申し上げます。本来なら年度の決算を報告すべきなのに、できていません」

 6月28日に行われた東芝の株主総会は、綱川智社長の謝罪で幕を開けた。米国の原発子会社ウェスチングハウス(WH)の巨額損失をめぐり、監査法人の承認が得られなかったためだ。