HASH-ROYAL
「東海三県 自家製麺活性化プロジェクト」主宰の爆食音楽家。

日本全国に根付く「ご当地ラーメン」と呼ばれるものは数多く存在するが、その大半は20世紀、特に戦後~昭和中期に誕生している。

21世紀に入ってからはと言うと、私の記事で以前紹介した名古屋発の「台湾まぜそば」や、小麦粉と蕎麦粉で作る『コンニャク麺』を使った宮崎県の「辛麺」など、何故か共通して辛ウマ~激辛系の「新・ご当地ラーメン」が元気だ。

中でも【五大ご当地ラーメン】を擁する日本屈指のラーメン県・新潟県の全域において、ここ2~3年「麻婆麺」が大人気、第6の新潟ご当地ラーメンとの呼び声も高い。

今回は2017年のゴールデンウィークの新潟遠征から、私の印象に強く残った「麻婆麺」を供する店を6店舗紹介したい。


1.朝天唐辛子の辛みと花椒のシビレが痛快!上越市・龍馬軒の「麻婆麺」

上信越自動車道の上越高田ICから約500m、北陸新幹線・上越妙高駅から約1kmと、自動車・公共交通機関の双方でアクセス良好という、遠征者思いとしか考えられない(笑)ロケーションに店を構える、昭和初期の下町を思わせる広々とした空間が印象的な『龍馬軒』

単品の「麻婆豆腐」も人気という同店の「麻婆麺」は、嗅覚への刺激だけで食欲を一気に跳ね上げてくれる、本格的な四川テイストの麻婆豆腐が特長。朝天唐辛子の辛み花椒の痺れに加え、豆鼓の塩気とコクが後を引く。その存在感に負けない、自家製中細麺のザックリと軽快な歯ざわりもヒキの強さに貢献。

別添のスープはクラシックな中華風かと思いきや、何とキレッキレの煮干清湯スープ。鶏のベースがどっしりと支える安定感のおかげか、青梗菜との相性もバッチリ。1オーダーで2度美味しいと感じさせる構成は、990円という価格設定でも十分お値打ちと言えるだろう。

紹介しているお店はこちら!
店名:龍馬軒
住所:新潟県上越市上中田北部土地区画整理事業8街区1画地
営業時間:11:00~14:30、18:00~21:00
定休日:月曜


2.辛さと甘みの絶妙なバランス!新潟市中央区・たまる屋の「背脂マーボーメン」

屋号に「和風とんこつ」と掲げているが、今回のテーマ「麻婆麺」ブームの牽引役との呼び声高い『たまる屋』。実際、私が訪れたタイミングでも、居合わせたお客さんの半数以上が、今回紹介する「背脂マーボーメン」をオーダーしているという圧倒的な人気ぶり。

さて、この品。少量のスープを餡の土台にしてはいるが、餡を麺に直接かけたまぜそば的な構成。モッチリと弾力のある自家製中太麺に、山椒のシビレとチーズのコクが同居する麻婆餡が容赦なくビッシリと絡む。そこに背脂の甘みが融合し、パンチがありながらもマイルドという独自の味わいに。デフォルトで200g以上という麺量でも一気に食べさせるヒキの強さは、今回の記事の中でも随一。

紹介しているお店はこちら!


3.極太麺と本格麻婆の刺激的な邂逅!新潟市中央区・らーめん亭にしやま「四川風麻婆麺」

昭和63年創業と、30年近く愛される老舗ながら、近年後を継いだ二代目店主による意欲的なメニューがめっぽう美味いと評判の『らーめん亭にしやま』。今回紹介する「四川風麻婆麺 しょうゆ」もその1つ。

同県・燕市を中心に県央地区で愛されている、背脂煮干スープ×極太麺が本品のベース。そこに合わせる麻婆豆腐は、 心地良い辛さと花椒の刺激的な痺れが何とも痛快な、単品で見てもクオリティ高い逸品。

スープの背脂煮干の旨みに、麻婆豆腐の麻辣味が加わる事で、和風とも中華とも言えない未体験の味わいに変貌。トロみの強い餡が絡み付いても押し負けしないムッチムチの極太麺の存在も頼もしく、一度欲すると替えが効かない独自性の高い一杯だ。

紹介しているお店はこちら!