すでに報道されているように、東芝は、半導体子会社「東芝メモリ」の売却先として、政府系ファンドの産業革新機構、日本政策投資銀行、米投資ファンドのベインキャピタル、韓国SKハイニックスを主軸とする「日米韓連合」を優先交渉の相手先に選びました。