5月3日に安倍総理が「私たちの世代のうちに、自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置づけ、『自衛隊が違憲かもしれない』などの議論が生まれる余地をなくすべきだ」と語って以来、自衛隊のあり方に関する議論を聞く機会が増えてきた。