[東京 21日 ロイター] - 東芝<6502.T>は21日、取締役会を開き、半導体メモリー事業の売却で、政府系ファンドの産業革新機構と日本政策投資銀行、米系投資ファンドのベインキャピタルで構成する企業連合を優先交渉先に選定したと発表した。