第1次安倍内閣から野田内閣まで短命政権がしばらく続いた後に誕生した第2次安倍内閣に対して、国民は長期政権化を期待していました。経済、外交・安保などの安定を望んでいたからです。