報道によれば小池都知事は、豊洲が生鮮食料品の安全性を確保できておらず、消費者の安心も担保されていないことを知りながら、豊洲移転にかじを切ろうとしているという。

 中央卸売市場の認可権は、卸売市場法によって都知事ではなく農水大臣にあると規定されている。