リーマンショックの時、欧米の首脳や関係各方面のトップたちは全ての時間をこの問題の解決に費やすことで近年まれに見る経済的衝撃から問題の沈静化、安定化を図りました。その後に起きた欧州危機、ギリシャ問題ではメルケル首相ら欧州首脳が各地を飛び回り、徹夜会議を何度も断行し、パッションで乗り切る力を見せつけました。