まいど憶良(おくら)です。

f:id:okuradesu:20170414002058j:plain

突然ですが、この日本に紅茶ラーメンや青汁ラーメンなるメニューが存在していることをご存知でしょうか?

ネタではありません。

f:id:okuradesu:20170414004102j:plain

京都市は北区にやって来ました。佛教大学のほど近く。

f:id:okuradesu:20170414004110j:plain

紅の文字。なんだろうと近づいてみると

f:id:okuradesu:20170414004114j:plain

紅茶らーめん、紅(KURENAI)の文字が。

紅茶らーめんって!なんだ!めっちゃ気になります。

f:id:okuradesu:20170414004259j:plain

店内は奇をてらった感はなく、普通のラーメン屋さんの感じ。

紅茶ラーメンと青汁ラーメンはたしかに存在している!

f:id:okuradesu:20170414015831j:plain

そうそう。これが気になっていたんです。

紅茶ラーメン。

f:id:okuradesu:20170414022637j:plain

そして、青汁ラーメン!

ここで店長さんにお話を聞きました。

憶良 : 表の看板がとても気になったんですが、紅茶らーめんというのは一体どういういきさつで出来たのでしょう。

想像するに、紅茶好きが高じて紅茶のラーメンを作ってやろう、みたいな?

店長さん : いえ、オーナーがとにかく特徴のあるラーメンを作りたいと、色々な素材とラーメンの組み合わせを試して、その中でも印象に残る素材、紅茶に行きついたんです。

憶良 : というと、組み合わせの妙がまずあって、との事ですか?

店長さん : いえ、ただそれだけという事ではなく、元々のスープ自体がかなり野性味のある、濃いスープですので、それをまろやかにする意味もあるんです。

憶良 : それでは、青汁は?

店長さん : 紅茶よりインパクトのある素材をと考えていて、やってみようと。

憶良 : さすがに、これはないかなと思うのですが、味の調整をするのにかなり苦労を重ねたのでは・・・。

店長さん : それが実は、 意外と最初から、これはイケる!と。

憶良 : なんとっ!

f:id:okuradesu:20170414161730j:plain

もう注文の品は決まってますが、一応メニューをチェックします。

f:id:okuradesu:20170414161932j:plain

へーっ。紅茶って、いろんな効果が期待できるのね。

でも一番の特徴はワイルドなスープをマイルドにする効果。

f:id:okuradesu:20170414161832j:plain

セットメニューで人気なのは からあげセットなのだそうです。

そして実はこのライスは、お代わり自由。

もうお腹一杯は保証されたようなものです。

近くの食べ盛りの大学生、しかも体育会系の学生さんが大挙して押し寄せてくるとご飯を炊き続けても追いつかないほどになるとか。

f:id:okuradesu:20170414161908j:plain

メニューの裏に残された謎のメモ。

紅茶らーめんのルーツを探る貴重な資料か。

では、自慢の特製紅らーめんと、ちょっと怖いですが、青汁らーめんを注文しましょう。

特製紅茶らーめんはチャーシューの存在感が凄い!

f:id:okuradesu:20170414030855j:plain

まずは紅茶ラーメンが運ばれてきました。

f:id:okuradesu:20170414160714j:plain

 大きなチャーシューは破壊力十分です。

薄っぺらい迫力のないチャーシューとは一線を画す存在感です。

f:id:okuradesu:20170414160802j:plain

さて、ラーメンは。

麺を食べようと口を開け、息を吸うと、ほんのりかすかに紅茶の香りがするような、しないような。

f:id:okuradesu:20170414160831j:plain

煮卵も旨そうでしょ、

・・・美味いんです。

f:id:okuradesu:20170414160850j:plain

背脂も入ったスープはガツンとパンチのある仕上がり。

なのに次の一口へ、箸は進む。

これが紅茶の作用なのか。

f:id:okuradesu:20170414160953j:plain

これだけ背脂が浮いていても、クドサを感じずに飲めます。

ただし、紅茶感は表に出てきません。

あくまでもスープをまろやかにする、サポート役に徹した働きです。

もう一つ、スープに特徴があります。

一味ニンニク唐辛子が入っていて、スープを飲んだ後ピリリとした辛さが一拍置いてから追いかけて来ます。

この味わいも、楽しいんです。

f:id:okuradesu:20170414161052j:plain

もう一口、更に一口と箸がすすみ、 

f:id:okuradesu:20170414161215j:plain

あっさりと完食しました。 

問題の?いや、話題の青汁らーめん

f:id:okuradesu:20170414030906j:plain

そして、青汁ラーメンも完成です。

 

f:id:okuradesu:20170414030942j:plain

ネギが香ばしそうですがスープは不思議な色。

f:id:okuradesu:20170414161413j:plain

まずは麺から。 

あれっ!?

青汁のイメージなし。

f:id:okuradesu:20170414161421j:plain

チャーシューは、紅茶ラーメンとはちょっと風味が違う感じ。

あっさり、さっぱりとしたチャーシューです。 

f:id:okuradesu:20170414161442j:plain

わずかに緑色をまとった感じですが、艶々としたチャーシューです。 

f:id:okuradesu:20170414161514j:plain

そして、スープ。 

おおっ! 美味い!

これは事件です。

f:id:okuradesu:20170414161533j:plain

むしろ紅らーめんより、もう一段サッパリとした口当たり。 

青汁と豚骨醤油の組み合わせがこれほど美味しいとは!

そして多めのネギがまた旨いっ!

驚きでした。

美味しくなくない、とか、意外と食べられるとかではないんです。

ちゃんと、美味しいんですよ。

f:id:okuradesu:20170414161604j:plain

なんと、こちらもあっさりと完食。

スープも残さずです。

ご馳走様でした。