今週のメルマガの前半部の紹介です。先日、経産相の若手官僚らが作成したレポートが公開され、ネット上でちょっとした話題となっています。

【参考リンク・PDFファイル】「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」

内容は多岐にわたりますが、大雑把に言うと「終身雇用や年金、医療といった社会保障制度は時代遅れで機能不全を起こしており、個人の人生における選択肢を狭めてしまっている。