[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米国株式市場は値上がりしたものの、当初つけた高値からは押し戻されて取引を終了した。トランプ氏のロシア疑惑に関する新たな報道が上値を抑えたという。

ワシントン・ポスト紙は、関係筋の話として、昨年の米大統領選挙でのトランプ陣営とロシアとの関係を巡る捜査で、捜査当局がホワイトハウス高官でトランプ氏に近いアドバイザーを務める人物に関心を示していると報道した。