[国連 19日 ロイター] - 北朝鮮のキム・インリョン国連次席大使は19日、米朝協議を開始するには、米国が北朝鮮に対する「敵視政策」を止める必要があるとの立場を示した。

大使は記者に対し「米国は対話への意思を示しているが、重要なのは言葉ではなく、行動だ」と指摘。