シノドス国際社会動向研究所(シノドス・ラボ)がお届けするシリーズ「世界の市民活動」では、NPOやNGOなど、世界各地の特徴ある市民活動団体をご紹介していきます。各国社会が抱える課題に、それぞれがどうアプローチしているのか。今後の日本の市民活動に活かせるヒントを読み取っていただけますと幸いです。

第1回目はシンガポールのディスレクシア支援団体「Dyslexia Association of Singapore」。読み書きに困難を持つ子どもたちの可能性を最大限に引き出そうとするNPOの取り組みに注目しました。

読み書きだけが出来ない

ディスレクシアをご存知だろうか。学習障害の一種で、日本では識字障害とも言われている。通常の会話や知的な面では問題が無いにも関わらず、文字の処理、つまり読み書きに著しく困難を持つ症状を指す。全く文字が読めないわけではない。しかしそのスピードが極端に遅く、結果的に学校での学習についていけなくなったり、進学ができなかったりと、その生活に影響を及ぼすことも多い。また、知的な面では問題がない彼らの困難は「障害」として認識されず、「怠けているからだ」とみなされ理解を得られず苦しみ、無気力になったり、不登校になったりするケースもある(注1)。

(注1)http://jdyslexia.com/about.html

彼らは適切な配慮があれば、障害のない人々と同じように生活が可能であり、またそれぞれの才能を活かすことも多い。有名人で言えば、トム・クルーズもディスレクシアだ。しかし日本の既存の学習指導の枠組みでは彼らは付いていけず、生活におけるさまざまな面でハンデを背負って生きていく人も多い。

最近では日本でも、大学入試センター試験において、ディスレクシアと診断された受験者に対し、試験時間の延長や、問題の拡大コピーなど、一定の配慮を行うようになっているものの、中学・高校を中心とした教育現場での配慮は限定的で、全国各地に設置されている発達障害者支援センターにおいても、対策は限定的である。教育現場のみならず、就労面でもサポートを行っている英語圏を初めとした諸外国と比べると、その社会的認知、支援対策は遅れをとっているのが実情である。

そもそも言語的システムが異なる英語と日本語では、ディスレクシアが社会に占める割合は異なるのだが(英語圏では人口の10~20%、対して日本ではディスレクシア単独調査はないが、恐らく4.5%ほどと言われている。注2)、その症状に苦痛を覚える人々が存在し、支援を必要としていることに変わりははい。

(注2)http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/glossary/Dyslexia.html

Photo Credit: Dyslexia Association of Singapore

Photo Credit: Dyslexia Association of Singapore

特に、日本におけるディスレクシア支援の問題点は、若年層への支援が少ないことだ。先述の通り、大学入試などでは一定の配慮が見られるようになったものの、小・中・高の教育現場では、対策が非常に限定的である。ディスレクシアは、知能的な面では問題がないため、認知が低い日本では発見が遅れることが理由のひとつにあげられるかもしれない。

もちろん、全く対策が行われていないわけではない。例えば、東大の先端化学技術研究センターでは、ディスレクシアなどを初めとした、印刷物から情報を得ることが難しい生徒たちに向け、「アクセスリーディング」というオンライン図書館を設立ている。「アクセスリーディング」では、音声読み上げ機能のある書籍の配信も行っており、ディスレクシアを抱える生徒は音声により情報を得ることができる。こうしたテクノロジーを使った支援も徐々にではあるが広がっている(注3)。

(注3)印刷物障害のある人への支援についてはぜひこちらを参照されたい。

「鉛筆が苦手ならキーボードを使えばいい――読み書きの困難な子どものICT利用」http://synodos.jp/education/15664

とはいえ、こうしたテクノロジーの必要性については、まだ認知が広まり始めた段階であり、「読み」「書き」を訓練され、できるようになるべき技能として認知する教育者の中には、テクノロジーの使用に疑問を抱く者もいないわけではない。また、数少ない支援も学習支援者指導に特化している傾向がある。日本におけるディスレクシア支援に関する大きな団体では、そのほとんどが支援の方法、配慮などについて、教育関係者に指導する役割を主としており、実際に症状を抱える子どもたちへの直接的な支援は未だ少ない状況だ。

一方で、英語圏を中心とした諸外国では、民間団体が政府の協力・支援のもとディスレクシア児童の支援に力を入れている。たとえば、シンガポールでは、Dyslexia Association of Singapore(DAS)という団体が、指導員育成以外にも、大々的にディスレクシアを抱える児童への支援を行っている。

「ディスレクシア児童のサポート」を団体のミッションと位置づけるDASの特徴は3つある。第一には、文部省との連携。第二に、症状の早期診断への尽力。そして第三が未就学児への支援プログラムである。以下では、日本と対照的に幼少期のディスレクシア支援に力を入れるDASの取り組みを紹介する。