(中学受験専門塾スタジオキャンパス代表 矢野 耕平 文=中学受験指導スタジオキャンパス代表 矢野耕平)

文部科学省は5月16日、センター試験にかわって2020年度から始める「大学入試共通テスト」の実施方針案と問題例を公表した。長年、中学受験の指導を行っている矢野耕平氏は、その内容にあぜんとさせられたという。大学受験を控えた中学3年生以下の子を持つ親であれば、「入試改革」の行方が気になるはずだ。だが、矢野氏は「『改革』という言葉の響きに踊らされてはならない」と強調する。その理由とは――。

■難関大学に進学できる中高一貫校を選ぶ親

毎年3月、中学受験に携わる塾講師たちはネット上に公開される高校別の大学合格実績を連日チェックする。なぜか? それは大学合格実績、とりわけ「難関大学合格者数」の増減が、来年の入試の難易度を占う重要な指標となるからだ。

たとえば、A中学校が前年比で東京大学合格者数を10名から20名と倍増させたとしよう。ほぼ間違いなく、A中学校は注目の的となり、志望者激増につながり、結果として前年とは比較にならないほどの激戦が入試で繰り広げられることになる。

もちろん、その逆のパターンもある。B中学校の難関大学合格実績が前年比で芳しくない状況であれば、B中学校の志望者は減少し、結果として来年の入試では「入りやすく」なる公算が大きい。

高い授業料を払うなら、合格実績を出している中高一貫校へ

でも、これってよくよく考えればおかしな話である。

子どもが現在小学校6年生であれば、大学受験期を迎えるのは6~7年後だ。直近のその学校の大学合格実績がその子の大学受験結果の浮沈に密接なつながりを持つわけではない。

なぜこのような現象が起きるのだろうか?

それは、多くの受験生を持つ親が「目に見える数値」である大学合格実績を志望校選定の「分かりやすい」材料として重きを置くからだ。つまり、わが子が中学校、高校からどんな教育を授かるのかというその内容以上に、どんなレベルの大学へ進学できるのかが気掛かりなのだ。

■「2020大学入試改革」内容、ざっくり言うと……

そして、この種の人たちがいま注視しているのは、政府の教育再生実行会議、文部科学省の中央教育審議会などが議論を積み重ねている2020年度からの大学入試改革であろう。従来の大学入試センター試験が廃止され、「大学入学共通テスト(仮称)」が新たに実施される。また、個別大学における入学者選抜にもメスを入れようとしている。

この大学入試改革は、高校と大学の教育を一体で見直そうという「高大接続改革」の一環である(同時期に小学校や中学校の指導要領も改定される予定)。

ざっくり言うと、この教育改革の狙いは子どもたちに「学力の3要素」を求めるものだ。

要約すると「21世紀型教育」らしいのだが……

すなわち、従来の「知識・技能」中心の教育にとどまることなく、知識・技能を土台にした「思考力・判断力・表現力」、さらにはそれらに基づいた「主体性・多様性・協働性」を持った人間形成をおこない、グローバル化や技術革新が進展する現代に対応できる人材育成を目指しているというもの。

この教育改革を教育現場で実践するための手法として挙げられるのが、最近頻繁に耳にする「アクティブ・ラーニング(AL)」「グローバル教育」「ICT教育」「キャリア教育」などである。これらの取り組みを総称する「21世紀型教育」ということばも生まれている。

この教育改革が掲げる「学力の3要素」を子どもたちが有しているかどうか。この観点から大学入試問題が新たに生まれ変わるらしい。たとえば、国語や数学は記述式の問題が増え、英語では従来の「読む・聞く」能力に加えて「書く・話す」能力を直接的に診る問題が出題されるという。