天皇制が終焉のカウントダウンに入ったが、三権分立も崩壊した日本の危うい民主制の中で、共謀罪も成立して、監視社会になっていくこと確実である。

その上、憲法は戦後レジームの固定化に向けて動き出し、日本の未来は暗雲垂れこめている。