ドナルド・トランプ米大統領は18日、大統領選にロシアが介入した疑惑の捜査に司法省が特別検察官を任命したことは、米国を「ひどく傷つけている」と述べた。コロンビア大統領との合同記者会見の場で記者の質問に答えた。

トランプ氏は、自分の選挙運動関係者とロシア当局が結託したか連邦捜査局(FBI)などが調べていることについて、特別検察官の任命は「尊重する」ものの、「すべては魔女狩りだ。結託などない」と強調した。

司法省