[ワシントン/エルサレム 18日 ロイター] - トランプ米大統領は初外遊の一環として来週イスラエルとパレスチナを訪問し、就任4カ月後という異例の早さで停滞する中東和平交渉の仲介に乗り出す。ただ、ロシアとの関係を巡る一連の疑惑で国内外に懸念が広がるなか、具体的成果を出す可能性は低いとみられている。