以下は、2012年(平成24年)に山形県舟形町が厚生労働省に提出した「東京都22区役所訪問の経過」からの抜粋である。全文は首相官邸ウェブサイト(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h27/150727funagata_shiryou03.pdf)でみることができる。

▼墨田区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「(特養は)まだまだ不足しており、希望者がいれば舟形町の提案を進めていきたいとのこと。ただ、第1優先は区内であるし、入所希望者も遠くは望んでいないようであるということであった」
→遠隔地特養への入所者0人

▼大田区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「(大田区は」山形出身者が多いところとのことであったので、山形出身者や今すぐにでも老健施設に入所したい方で、舟形に入所しても良い方にお話しをしていただくことをお願いした。大田区も(墨田区同様に)感触は良く、興味もあるとのこと」
→遠隔地特養への入所者1人

▼練馬区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「(特養整備に必要な)土地は、JAと連携することによって創出される状況なので、土地については定期借地権を活用できるので、特養整備を進める上では問題はない状況である。このため、町の提案には否定的であった」「山形は遠い印象がある」「区では、精神疾患の方が増えており、認知症対応の特養は、ほしいとのこと」「ネットテレビ等が活用できる昨今、家族は入所者の状況を随時知ることができるし、東京から新庄まで、新幹線で片道3時間15分で来られるので、そんなに遠くはなく、この提案を山形出身の待機者や入所を急いでいる方を中心に伝えていただくことをお願いした」
→遠隔地特養への入所者0人

▼江戸川区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「前向きに検討していきたい旨の回答をいただいた」
→遠隔地特養への入所者0人

▼台東区:実施日 平成24年2月14日(火)~15日(水)
「区の考えでは、区外の遠いところへの入所は、希望する人が少ないと思われるし、介護度の高い方の移動に問題があるのではとの指摘があった。このことに対しては、前回の訪問時同様、山形出身の方や生活保護の方などで、至急入所したい方々にPRしてほしい旨伝えた」
→遠隔地特養への入所者0人

▼渋谷区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「区内に在宅の要介護度4、5の方々が880人もいて、舟形の方で渋谷区の枠が設定されれば紹介しやすいとの意見があった」「三宅島からも同様な話が以前あったが、あまりに遠くヘルパーも訪問できないため、実現に至っていないとのこと」「介護度が高いと移送に問題がある」
→遠隔地特養への入所者0人

▼豊島区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「豊島区にも、他の区役所同様、山形県出身者や生活保護で至急入所させたい方などを紹介してほしい旨を伝えた。(豊島区の)保健福祉部長は、町の考え方、実証事業の趣旨は理解したので、検討するとのことであった」
→遠隔地特養への入所者0人

▼新宿区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「待機者は1,200~1,300人おり、約8割の方々は区内を希望しているとのことであった。現在、待機者への対応はできているが、今後は厳しい面もあり、色んな選択肢を考えていこうと考えているとのこと」「新宿区では、場所をこだわらない方であれば、県外の施設も紹介している」「新宿区も、1人暮らしで認知症の方が一番の課題であるとのことであった」
→遠隔地特養への入所者0人

▼足立区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「今回の町からの提案は、ケースワーカーやケアマネージャーに周知するとのこと」
→遠隔地特養への入所者0人

▼文京区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「待機者は、近郊の多摩地区の介護施設に入所が決定しても、区内に入所させたいとの要望があり、入所しない状況もあるそうである。待機者の取扱いについて、文京区では、そんなに緊迫した状況でないような対応であった」
→遠隔地特養への入所者0人

▼港区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「年に緊急な方は数名出るとのことであった。遠くに入所させる大きな問題は、移送費が掛かることであるとのこと」「港区としては、区民の選択肢としてケアマネ等を通じて周知するとのこと。区としては、町と徳洲会が整備する施設への入所については、他の法人と違って、安心感があるので区としても望ましいと考えている旨の話があった」
→遠隔地特養への入所者0人

▼世田谷区:実施日 平成24年1月18日(水)~19日(木)
「待機者はいるが、待機者のニーズをつかむのは難しい。他区同様、要介護者の遠くへの移送は難しいと考えているとのこと。特に介護度3以上は難しいと認識しているようである。ケアマネも茨城が限度であると言っているとのこと」
→遠隔地特養への入所者0人

▼品川区:実施日 平成24年6月27日(水)~29日(金)
「区内には、20か所の在宅介護支援センターがあり、センターの連絡会がある。町の要望は、そこで話をし、チラシを配布していただくことで了解をいただいた」「区内に老健は1カ所しかなく、千葉や、神奈川、埼玉の方に入ってもらっている。特養は8カ所あるが区内には大きな土地がないので、建てられない状況であるとのこと。加えて、看護師や介護士の手立ても難しい状況で、人材も確保できない状況であるとのこと。」
→遠隔地特養への入所者4人

▼中野区:実施日 平成24年6月27日(水)~29日(金)
「チラシを30部送ってほしいとのこと」「他の質問等は、他の区役所とほぼ同じなので、省略」
→遠隔地特養への入所者0人

▼北区:実施日 平成24年6月27日(水)~29日(金)
「区内に待機者は1,000人程度いる。老健は入所費用が高いので、安ければともかく、費用が高いうえ遠くまで行くのは難しいだろうとのこと」
→遠隔地特養への入所者0人

▼荒川区:実施日 平成24年6月27日(水)~29日(金)
「区の基本理念は、介護は都内で!としている。また、区と民間で整備していく方針もあるとのこと」「区内の老健施設は空いており、実証事業への参加は望めないだろうとのこと」「特養ならば見込みはあるだろうとのこと」
→遠隔地特養への入所者1人

▼江東区:実施日 平成24年6月27日(水)~29日(金)
「今回の舟形町の提案は、区として1つの選択肢になり、このツールは大きいと考えるとのことであった。このため、十分要介護者に紹介できると考えているとのことであった。町長からは、遠距離であるので、環境と安さとサービスの充実とおいしい食事の提供ができる施設を整備したい旨の説明をした」
→遠隔地特養への入所者0人

▼板橋区:実施日 平成24年7月25日(水)~27日(金)
「選択肢の1つとしていただくとのこと。また、ケアマネやケースワーカーにもチラシを配布し周知していただけるとのことで、希望枠調査についても了解をいただいた」「板橋区も、どこの自治体でも同様に、国が進めている在宅介護の方向に進めていきたいとのことであった」
→遠隔地特養への入所者0人

▼中央区:実施日 平成24年7月25日(水)~27日(金)
「在宅介護の方向で考えていくこととしているとのことであった」「認知症の方は、段々ひどくなっていくので、どこでも良いという方もいるので紹介してほしい旨、また、選択肢の1つとして考えてほしい旨を伝えた」
→遠隔地特養への入所者0人

▼千代田区:実施日 平成24年7月25日(水)~27日(金)
「千代田区の要介護者の多くは、ショートステイを望まれているとのこと。医療行為を必要とする特養がないので、そういう方々のニーズはあると考えているとのこと。現行の介護保険制度では、地域福祉に変わってきているし、区民の多くは遠くへの施設入所は望んでいないようであり、通所+ショートの型がニーズ的に強いとのこと」「また、区長は、施設に入る順番が来ても、在宅が良いと辞退されるケースも少なくないとのことであった」「舟形の特養に入ることとなった場合、住所を移すことになり、区民でなくなるため、最終的に区の特養に入りたいと希望されても入れなくなるという問題が発生するとの指摘があった」
→遠隔地特養への入所者0人

▼目黒区:実施日 平成24年7月25日(水)~27日(金)
「概ね他区役所と同じ」
→遠隔地特養への入所者0人

▼豊島区:実施日 平成24年7月25日(水)~27日(金)
「2回目の訪問」「区としては、国の方針に従い、在宅中心でやっていきたいとのこと。しかし、施設も当然必要との認識であった。特に、身体が元気で認知症の方の取扱いが難しいとのことであった。チラシの配布、希望枠調査の報告については、了解していただいたが、遠くへの入所は、身内が悩むところであるとのことであった」
→遠隔地特養への入所者0人

(プレジデント編集部 写真=プレジデント編集部)