日本政府が、東芝の半導体事業の売却をめぐって、最大9000億円の債務保証を行うことを検討していると、15日付の英紙フィナンシャル・タイムズが伝えたという報道がありました。フィナンシャル・タイムズの記事によれば、政府は半導体の技術流出を恐れ、債務保証によって、産業革新機構などによる東芝メモリ買収を後押しするねらいがあるというんですね。