大串博志政務調査会長は16日午前、定例記者会見を国会内で開き、(1)森友学園問題(2)北朝鮮のミサイル発射(3)憲法の問題――等について発言した。

森友学園問題については、「今日をもってこの問題を終わらせるという思いと、国民の皆さんの前で真実を明らかにするために、籠池氏と関係各府省の方々に来てもらい真相解明する予定だったが、なぜか昨日の夜になって(役所側は)一人たりとも来れないという話になった。