経済性重視の定期検査で04年には作業員11人が死傷

原子力規制に関する法律が改正されて、国が実施する従来の定期検査が廃止され、事業者任せになる。事業者任せで安全が確保できるとは到底考えられない。法改正というより改悪と言える。筆者は、この法案を審議した衆議院環境委員会の意見聴取会に招かれ、反対の意見を述べた。