東芝による半導体メモリー事業の売却をめぐり、協業してきた米国ウエスタンデジタル(WD)が現地時間の14日、売却差し止めなどを求めて国際商業会議所(ICC)国際仲裁裁判所に仲裁申立書を提出した問題で、東芝の綱川智社長は15日、「WDに(譲渡の)プロセスを止める権利はない」と述べた。